toggle
2021-05-25

漫画を最後のページから読んでたわたし

 

★お読みいただきありがとうございます

初めましての方はこちらからどうぞ ↓↓↓

 

 

何ヶ月ぶりに描くのだろうか、このブログ。ここ最近、「のあちゃんのHPを見て…」とサービスにお申込みいただくことが重なってて、わぁぁぁHPサボっていてすみません!という気持ちになっています。ブログってどうやって書いてたっけな。感覚を取り戻すところから始めています笑。誰が読んでるかはわからないですが、久しぶりのブログなので、近況報告的なものを書こうかな。自分の記録としても。

 

まずわたしの中で今年一番のニュース?は、長年の夢だった、バスト大きめさん向けのアイテムをつくる夢が叶うこと!以前からPRをやらせていただいてる Tiger Lily Tokyoと、一緒につくることになりました。

思えば19歳でコーチになってから、年々夢を叶えていっている気がする。フォトエッセイ作って(今思うと出来栄えに反省しかない)ギャラリーひらいたり、ランジェリーのモデルをやったり、写真展をひらいたり、大企業と仕事したり、学生のコーチになったり学校でコーチングの授業をしたり、、、。この中の一つに、今年は、「バスト大きめさん向けのランジェリーをつくる!」が仲間入りします。

Tiger Lily Tokyo”Audrey”のPRをした時のもの

久しぶりに会った方に、「のあちゃん、なんか色々叶ってない?なんでそんなずっと頑張れるの?」と言っていただいた。ふと思い返してみると、3.4年前に立てた目標は全て達成していました。それはプライベートの面でも。

これはあえて言い切るけれど、コーチングがあるからだなと思います。コーチングを学び続けていること、コーチングを自分自身にもクライアントにも提供し続けていること、コーチをつけてフィードバックをもらっていること。コーチングが自分のなかにあるから、走り続けているのだと思います。もっとのあなりのしっくりくる表現をすると…「コーチングで目標達成うんぬんではなく、コーチングによって走り続けられる心の状態をつくっているから」かな。

わたし、漫画を最終ページを見て結末を知ってから、前から読み始めるタイプなんです。とにかく結果が出ないこと遅いことがすごく嫌だったんです。待てない。今、この過程がどう結果につながっているのかわからないと嫌だった。結果を待つことがすごく苦手だったんです。

でもそれってある意味、今自分がしていることへの自信の無さだったり、今現在を直視することから逃げていたなぁと。もちろん今もその要素は残っているんだけど、待つ・続けることができるようになったのはかなりの成長だなと思います(漫画も最初のページから読むようにしたよ)。そして、この”続ける”も、どうして今自分はこれを続けられているのかと考えると、やっぱり人の中で生きているからなんですよね。諦めそうなときにチャンスをくれる人とか、励ましてくれる人とか、みてくれてる人…応援してくれている人がいるからで。そんな風に、「わたしの周りにいてくれる人」を意識できるようになったのも、コーチングによって変われたことの1つです。

 

わたしが所属するコーチングスクール、トラストコーチングスクール の馬場代表が、「コーチングは小学生から(学べる)学ぶべき、自分自身や周りの人と、よりいい関係性を築くための学問です」と話していました。

自分の夢や目標は、自分一人だけでは叶わない。それを知れただけでも、わたしはコーチングに投資している価値があると感じています。そして、わたしがこんなにコーチングを広めたい理由もこれだなと思う。

 

ぜひいつか、これを読むあなたに、コーチングをお届けできる日がきますように。

 

 

◆現在ご提供中のサービス◆

・コーチングを学びたい+受けたい方はコーチング講座-TCS

 

・コーチングを受けたい+コーチをつけたい方は パーソナルコーチング

 

・コーチング×写真の撮影メニュー、撮影依頼の方は フォトセッション

関連記事