toggle
2019-02-07

ただの一部だから。まっさらな心をつくってく。

 

★初めましての方へ

 

 

先日、 写真展 に来てくださった方が、

「のあちゃんを見てね、

 わたしも自分を生きてみようと思ったの。

 自分を表現していこうって。」

と言ってくださいました。

 

わたしは、

きっかけづくりができる人でありたい

と思って活動しているので、

すごくすごく嬉しい言葉でした!

 

大丈夫だ、自分は正しい道にいる

と思わせてくれる言葉でもありました。

 

 

そして、こんなことを聞かれました。

 

「自分をぬいでくこと、大変じゃなかった?」

 

 

 

 

わたしは、物理的にも脱いでるんですが笑

インスタみてね♡)

 

自分のなかでは、

脱いでいくという表現よりも、

まっさらな自分に戻っていく

という感覚が強いかもです。

 

 

わたしは、

自分の嫌いなところがたくさんありました。

いまもあります。たくさん。

 

だけど、

「嫌い」だけじゃなくなりました。

 

そんな嫌だったところも、

自分を守ってくれる一部だとわかったからです。

 

 

自分の中にはいろーーーんな自分がいて、

そのいろーーーんな自分が、

毎日忙しくわたしを作っています。

 

そのなかの、1つ1つの自分たちが、

ときには必要になったり

ときには重りになったり。

 

グルグルと回っていて。

 

自分の行き先(目標とか)によって、

とある自分が必要になるのか、

重りになるのか、

変わっていく。

 

 

いまの自分には、

どんな自分が必要なのか。

どんな自分が重りになってるのか。

 

その見極めが、

自分らしく自分の道を進んだり、

大切な誰かとともに生きてくにあたって、

すごく重要になってくるんだと思います。

 

ときには、

新たな考え方を見つけなきゃかもだし、

今までの考え方を手放さなきゃなのかもだし。

 

 

だけど、

その見極めってすごく難しくて。

 

人は、たぶん、

「自分はこういう人だ」

って一部で自分の全部を決めてしまいがち。

 

決めてしまいがちだし、

他の自分がいることに気づけていなかったり。

 

だから、コーチングがあります。

 

 

わたしは自他共に認める、自分責めのプロでした。笑

 

だけどコーチングを学んで、

人様に提供させていただく中で。

 

自分の中には

◯◯な自分もいれば、

××な自分もいて、

△△な自分もいるということを知って。

 

そのいろんな自分って、

どれも責めなくてよくって、

ただただ一部なだけだということに気づきました。

 

わたしはそのどれか一部だけを見て、

責めたりしていたから苦しかったんだ

と気づきました。

 

いろんな自分がわたしをつくってる

と気付けると、

心がまっさらになっていきます。

 

どこか一部の自分に費やしてたエネルギーが、

いろんな自分に向いていくから。

 

 

もしいま、

なんだか鎧が脱げないなと悩んでいる方は。

こんな自分が…と責めてしまう方は。

 

ただただそれは一部なのだということ。

 

見たり見なかったりして

うまく付き合っていけばいいだけということ。

 

ときには今まで

自分を守ってくれていた鎧に

最大限のありがとうを言って。

 

 

コーチのわたしがサポートします。

一緒に整理していきましょう!

 

★コーチングを体感しながらコーチングを学ぶ

のあのトラストコーチングスクール

 

★コーチング × フォト

フォトセッション

 

★マンツーマンのオリジナルコーチング

パーソナルコーチング

 

どれも、

2月と3月を受付中です。

 

 

 

My works*ご提供中サービス

★コーチングを学びたい、知りたい方へ→コーチング講座-TCS

★コーチング×写真の撮影メニュー→チャーミングフォトセッション

★バスト大きめさんの方へ→FOR ”G”

★進路や将来に迷っている方へ→C_PHILOSOPHY

関連記事