toggle
2018-07-03

C_PHILOSOPHY

生き方って、どうやって見つけていくのだろう?

 

わたしは16歳のときに高校をやめました。

一般的と言われる”レール”をなくしました。

 

どう生きるか?ってことに向き合わなきゃいけなくなったそのとき、とにかくヒントが欲しかった。

生きるということに関して。生き方ということに関して。

 

こうしなさいとか、こうじゃないと、普通はさ、、、っていうレールじゃなくて、みんなはどう生きてるのかを知りたかった。どんなことを考えて、どんなことをしてきて、どう生きているのかを。

 

以前インスタグラムで、「10代の時、どんなことで悩みましたか?」ってアンケートをとったとき(答えてくださった方々、ありがとうございました!)、多かったのが、「夢とか未来とかの、キャリアのこと」でした。

そうだよね。

どう生きたいか?っていう軸があるから、進路も働き方も選んでいけるはずなのに。

そこをすっ飛ばしているよね、いまの社会の仕組みとしては。

わたし自身も、なんでこんな大切なことをもっと早くに考えるキッカケや時間をくれないの?!って教育の仕組みに怒りがわいたりしました。

 

そんなこともあって19歳のときコーチとして起業しました。

この社会の仕組みに対して怒りがあったからか、起業当初から考えているのは、10代とか若い人にコーチングを広めたい!ということ。

コーチングは自分で考え自分で行動し、自分で評価していき、自分の能力を最大限に活かすためのもの。これは、自分のキャリアを考えることや、選択肢を増やしていくことにつながるとわたしは考えています。

 

過去の私みたいに未来にモヤモヤを抱える人に対して、コーチとして自分の生き方を考えるきっかけ作りをできないか?、何か選択肢を広げるキッカケ作りをできないか?、と考えて始めたのが、

【 チャーミングな哲学-C_PHILOSOPHY-】 です。

 

【 チャーミングな哲学-C_PHILOSOPHY-】とは、「チャーミングな大人たちが教えてくれる、10代20代の私たちが自分らしく、”自分の人生”を生きてくための哲学」をテーマに、わたしがチャーミングだ!と思う大人の方々に、その人の歴史や働き方など、生き方をインタビューをしていく企画です。

チャーミングに生きる大人たちの、リアルな声がたっくさん詰まっています。

 

 

とてもありがたいことに、今、わたしの周りはカッコよくて、かわいくて、チャーミングな大人の方々ばかりです。

そして思い返してみれば、嫌な大人にもたくさん会ったけれど、それ以上に人生を楽しんでる大人を知っていたから生きることに絶望しなかったのかもしれないなと思います。

だからこそわたし自身も、未来に希望が持てるし、わたしも!と頑張れるし、自分の中の枠のようなもの外れていきます。わたしはわたしの道を生きていこうと勇気が持てます。

 

(写真はゲストホステスとして参加させていただいた、共犯は赤いランジェリーイベント にて。)

 

ランジェリーライター・ブロガーの川原さんワコール広報・宣伝部でありアーティスティックディレクターのRIBONさんと。ほんとうにチャーミングな方々!

好きなことに携わって生きてると本当に若々しいし、人柄も、顔つきもキュートさが違うんだなぁと、お2人と出会ってすごく感じました。

 

コーチ仲間の凄腕お姉さま方!(このメンバーの中、わたしのようなヒヨッコがセンター陣取ってすみません…)

 

 

お世話になっているお友達のパパ、きよしさん。

すごくパワフルで、たくさんの人に慕われてる方。

一緒にいると、お話をしていると、どうしてこの人の周りに素敵な人が集まるのかがすごくわかる!

 

 

わたしの師匠がおっしゃっていたこと。それは、

「人の可能性は人との出会いでしか広がらない。自分を知りたいなら人と出会うところから。」

 

わたしたち10代20代は知らないことも経験していないことも多すぎます。

 

だから、先輩を知ろう。

こんな風に生きたいという背中を見つけよう。

こんなに未来には希望があるんだ!って、先輩に教えてもらおう。

 

あなたがあなたとして、自分らしく生きる哲学を。

 

【チャーミングな哲学 c_philosophy】

こちらからご覧ください。→ C_PHILOSOPHY

 

 

関連記事