toggle
2018-03-09

「本と、旅と、人。」ー会社オーナーが教えてくれた、人生を楽しむ哲学その①ー

 

【チャーミングな哲学ーC_Philosophy】

 

「チャーミングな大人たちが教えてくれる、

10代20代の私たちが自分らしく、

自由に”自分の人生”を生きてくための哲学」

 

をテーマに、

わたしが思うチャーミングな大人の方々に

インタビューをしていく企画です

 

 

1人目は仲良くしているお友だちのお父さま!

 

ワインの輸入と小売、卸売専門、コーヒーの輸入・小売卸…

と、3つの会社のオーナーをしている瀧村きよしさん。

 

いつお会いしてもにこやか!そして嘘がない人との接し方が本当に素敵!

サーフィン・スノボ・バイクなど、、、多数の趣味を持ちながら、常に生きてることを楽しんでる雰囲気がすごくチャーミングだとずっと思っていたので、この企画を思いついてすぐさまインタビューをお願いしました。

 

今回のインタビューで、どうしてあんなにいつも楽しそうなのか。どうしてきよしさんの周りにはたくさんの人(しかもオープンで素敵な方々ばかり!)が集まるのか、その秘密がちょっとわかった気がします。

 

生きていく上で欠かせない、仕事、お金、自分のつくりかた、人間関係などなど、、、

「自分らしく生きていく」ということについて、トータルに出し惜しみなく話してくださいました!

 

 

(きよしさんの愛車の前でパシャり。本当に貴重なお話をありがとうございました!)

 

「世の中は、時間と、お金と、心というか人間。なかでも時間とお金のバランスだから。」

 

ー今日はよろしくお願いします!まず、今、きよしさんがどんなことをしてるのか教えてほしいです。

 

仕事は今、3つ会社を持っていて。3つとも俺が経営してるんだけど、1つがワイン・チーズ、コーヒーとかなどを輸入して国内の酒屋さんとか高級なレストランや百貨店に全国におろす仕事。下ろすっていうよりは、商品を買ってくるでしょ?で、日本のマーケットで売れる様にコピーを考えたり、パッケージを考えたり宣伝方法を考える、プロモーションとかをする。フランスとか、スペインとか、台湾とかオーストラリアの商品とか。日本向けじゃないものを日本向けにして売ってあげる。

 

ーじゃあ結構デザインっぽい感じなんですか?

 

俺がデザインしてるわけじゃないけどね、デザイナー雇って。俺は黒幕だか(笑)俺は基本表に出ない。あの、有名になりたいとかこれっぽっちも思わない。とにかくハッピーになりたい!

 

ーとりあえずハッピーになりたい!(笑)

 

波乗りやらしてもらって、スノボやらせてもらって、オートバイ乗らせてもらって、好きなスポーツカー乗らせてもらって、そういうのが好きなだけで、有名になったらどこに誰がいるかわからない、時間を取られるだけで。とにかく地味に。地味にハッピーになりたい!(笑)だって死んじゃえば有名とか関係ないから。人生は短いから、とにかくハッピーになりたい!だから、どうしたらハッピーになれるか考えるんだけど。ほら、イケメンさんだったらまたちょっと違う道選んでたかもだけど、どのみちそんな大差ないじゃない?だったらとにかくお金を稼ぐ技術は身につけて。まぁ、いろんな方法はあるんだけど、サラリーマンで頑張る人もいれば、俺みたいに自営業者やる人もいれば、投資とかやる人もいれば、そういうの何箇所か研究して、自分に合った方法見つけて。世の中は時間とお金と、最後は心というか人間。この3つが大事なんだけど。人間はおいといて、時間とお金のバランスだからさ、そうすると、お金を稼ごうと一生懸命になってお金に制約されるよりは、時間を大事にしたほうがいいよ

 

ーそうですね、たしかに。

 

3つの会社のオーナーなんだけど、ちっちゃな会社ばかりだから、全部足したって20人くらい。みんなスマートな人が多くて、優秀な人が多いから、そういう人たちにお願いして、「こういう仕事やってください」ってアサイメントをわりあてる。この人はデザイン、この人は総務、この人は営業、、、ってやってもらって。それをこう100%会社に入って満足し続けるって、少ない。お給料が少ないとか、休みがないとか、残業が多いとか、結局人間がこうサラリーマンでやっていけるのは、お金の時間のバランスだと思うんだよ。たとえば月100万あげるから病院行って地下の死体室行ってホルマリン漬けの死体を洗浄する仕事って、気が狂っちゃう。で、やめちゃうじゃん。でも、ものすごい安いお金でも、これもしかして我慢してってしてても好きなことやってれば将来の役に立つなって思って、安いお金でも頑張れたりするじゃん。そのバランスだと思うから。うちは辞める人いないから、100%満足ではないかもだけど、まぁ不満ではないんじゃないって思う。

 

 

(サーフィンあがりに盗撮させていただきました。笑)

 

「本と、旅と、人なんじゃないかなぁ。重要なのは。」

 

ーほえー!さっき優秀な方が多いって言ってたじゃないですか?それはきよしさん的には、どの点で、どんな人が優秀だって、判断するんですか?経営者側から見て。

 

経営者側から見て雇うというよりは、、一緒に働きたいと思うのは、いっちばん大事なのは頭が良いとかじゃなくて、信用できるかどうか。そいつを信用できるかだよ。◯◯くん(ちょくちょく出てくるお友達の方)みたいなもんだよ(笑) あいつは頭は良くないけど、信用はできる!顔見たら大体わかる、付き合ってみたら大体わかるじゃん。まぁ◯◯くんは実際頭もいいんだよ(笑)パッと顔を見たときに、まぁ何人か当然裏切られたこともあるけど。まぁ結局歳をとると人をいっぱい見るじゃん。じゃあどうやって若い人がそういう勉強したらいいかって思うのは、まず本を読んだほうがいい。読まないじゃん。

 

ーそれはどんな本?

 

もうなんでもいい。俺なんか難しい経営学の本から心理学の本からエロ本から、なんでも読む。いっぱいあるもんね積読乱読だから、早く整理しなさいってよくおくさんに怒られるけど(笑)最初から最後まで綺麗に読むことはしない。目次だけバーっと読んで、好きなところだけ読む。それでもう終わり。いっぱい読める。あっ小説は別だよ。そうじゃないところは役に立つとこだけ読む。だから目次をよく読む。それで選ぶ。

 

ーじゃあそれで自分に必要だなって思ったところを読むんですね。

 

そう。面白ければ他のところも読むよ。もう1つは旅をすること。そうすると人に会うじゃん。その土地に行って、食べて、人に会って、そこの人たちから影響を受けることもあるし、東京にいたらわからないこともあるし、生まれたところだけじゃわからないこともあるし。だからそうするとさ、こう気持ちがオープンになる。で、自信を持てるじゃん、いろんな世界をみると。あの、さっきベトナムの話をしたけど(このインタビューの前にわたしが行ったベトナムの旅行話をしてた)、行くとその文化もあるし、未知のものに出会うじゃん。あと、最後は人と会う。本と、旅と、人なんじゃないかなぁ。重要なのは。

 

ーうんうん。すーごいざっくりまとめると、「いろんな世界を知る」ってことになるんですかね?自分が置かれてる状況以外の環境とか、世界とかを。

 

そうそうそう。そこに飛び込むことを恐れない!1つだけポリシーがあって、やろうかなやめようかなって思ったときに、あの時やってりゃよかったなーって後悔するよりは、やっちゃって、あちゃ〜って失敗のほうが同じ後悔でもはるかにいい。だから悩んだら、やる。で、道が2つあって、1つは絶対に安心して行ける道で、でももう1つははるかに楽しそうで近道ぽい。だけどただ、ドキドキしながら2つあったら、知らないほうを選ぶ!

 

ーうんうん。ただ、それをできない方っているじゃないですか。人の目を気にしちゃうとかあるじゃないですか。それをできない方に向かって伝えたいこと、言えることというか、、、飛び込む飛び込まないの選択肢すら持たない人もいたりするじゃないですか。

 

あの〜、誰かが言ってたんだけど、自分の人生を変えるには、1つが住む場所を変える、もう1つは付き合人種を変える、3つめが時間の流れを変える。たとえば朝9時に起きてダラダラしてたやつが4時に起きてちがう作業をやるとする、そしたら5時間あるわけじゃない?その5時間を活かす。あ、大前さんだ!大前さんが言ってたの!人間大事なのは金とか時間が大事だけど、時間が1番大事なんだよ。そのときに病院の中で寝てる時間より、波乗りしたり雪山の中にいる方がはるかに有意義じゃん。ってなると、やっぱり健康は大事にするようになるよね。サプリメントの研究もするし、ジムも通うし、ジムに週5日はいるもん。そこに金を惜しまない。

 

ー体をつくることには。

 

そう。それに対してお金を惜しまない。母親の言い残したことで、「本代とご飯かケチったらいかん。それをちゃんと稼げるようになりなさい。」って言われたの。あぁ、たしかになって。それでちょっと延長してごはん、高級なレストランじゃなくてホテルとかも関係ある仕事だから、高級ホテルから安いところ、テントまで。行くんだけど、バイクで旅するとテント生活になるわけ。そこでまたみんなつながっていくんだよね。不思議な世界だよね。どんどんつながってく。人のご縁がつながる、これは大事。コネクションは大事。のあちゃんとこうやって話すのもさ、ご縁じゃん。ね!娘の友達で協力しようって思えるし。そうやって連鎖していくんだよね。俺も、そうしてもらったから。先輩に言われたのは、「おれにおごり返さなくていい。後輩、下の子におごってやれ」って言われたの。それをできるだけやるために、お金の使い方・稼ぎ方、財力をつけるかだと思うし。お金を稼げる能力のない人は、逆に言うと、お金に困っちゃってる人は、お金を悪く言ってる。お金って悪く言ってる人の所にはよってこないから。お金が大好きです!って人のところに来るのよ。財布も大事にするし、縁起を担ぐんだよね。経営者ってそう人多いんだけど。タダで出来ることはとりあえずやってみる。お手洗い行った時に便器のフタをしめるとか。これだけ。

 

ーお金が来るポイントというか。

 

そう。なんでもいいからやってみる、さっきの話と同じさ。さっき言ったように、行き詰まってるっていう時は、ほんの1ミリでいいから、昨日と違うことをやってみる。たとえば8時に起きてたとしたら、7時50分に起きてみる、とか。10分だけでいいから。

 

 

「信念をもって、継続と反復をし続ける。」

 

ーほんのちいさいことでも、とにかくできること、できそうなことから。

 

そう。ジャンプしようとしなくていいんだから。ダメだったらダメで、また次を考えればいいんだよ。だめだったら違うことをやってみれば良い。なんでもいいんだよ。それを思いついて、自分で実行するっていうのが大事なんだよ。スノボ言った時に怪我したとき、安静にしててもいいけど元の力には戻らないって言われたから、いま、腕立てを100回してる。毎朝やってる。未だにやってる。継続こそ力なりじゃないけど。あ、おれの会社のポリシー教えてあげようか!

 

ーえっ教えて下さい!

 

お前言えないと怒るぞってくらいのやつなんだけど、1つが信念を持って継続と反復すること。単純なことを反復すること。2つめが、まぁ感謝の気持ちを持って、お客さんに。愛情をもってご奉仕をすること。3つめが機能的なことだけど、効率を求めるんであれば、選択と集中。全てをやろうと思わないで、優先順位をつけて、それによって突破口が開かれるから。もうあとはどれだけ単純なことでも、信念を持って継続と反復をし続ける。波乗りだってそうだよ。みんな続かないじゃん?◯◯くんなんてそうだよ、こいつが続いてるの奇跡的なんだけど(笑)続けてるからうまくなるんだよ。続けるのは大事よ。みんな途中でやめちゃうじゃん。てか、まずやろうとしないじゃん。それが問題なんだよ。やるかやらないかの2つの人種があるじゃん。やって失敗しても良いじゃん。

 

ーたしかに。そういう考え方になったのはちっちゃいころからなんですか?

 

いやたぶんね、京都で生まれて、千葉に引っ越した時はいじめられたんだよね。そん時の嫌な記憶とか鮮明にあるんだけど、小5年で柔道をはじめた。もともと運動神経よかった家系っぽくて、結構トロフィーとかもらったりした。

 

ー練習して、勝って、ちょっとずつ自信をつけていってっていう。

 

そうそう。それがキッカケだったかな、精神的に切り替わったキッカケだった。それまでは泣きべそかいてたんだけど。自分に自信があるからさ、仲間もいるしやんちゃだったから、「瀧村、門に5人くらいいるから待ってた方がいいよ」とか言われて、「5人だったらなんとかなる」っておもって笑

 

ーなんとかなったんですか?笑

 

なんとかなった!(笑)5人とも泣かせちゃった(笑)やんちゃだったからさ、先生にえらい怒られたけど。まあ小学生レベルだけど。とりあえず自信になることを考える。やる。それは力とかじゃなくてもさ。何か自分の自信になること。それを身につけるにはすぐにはできないからさ、なにか続けることだよね。人生を楽しくするのは、人とのご縁もそうだし、俺はものを売ってる商売だから余計にだけど、自分の好きなものを周りに置く!好きなものを選ぶ。別に高いものってわけじゃないよ。これだって(今日の服を指差して)ユニクロだし。あったかいんだもん(笑)ものの値段じゃなくて、お気に入りを選ぶ。新しいものとかじゃなくて、自分の好きなデザイン。直感じゃない?デザインって。これがかっこいい!みたいな。それで、大事にできる。俺の車みたいに。40万キロ乗っても、いやぁ〜捨てれないよなぁって。だから直して乗るし。そのときに思うのは、ボロいから捨てるじゃなくて、直して直して乗ってると、車も応えてくれるわけよ。今日は調子いいなぁとか。擬人化するわけじゃないけど。まぁそれも楽しいけどさ。あと移動海外は仕方ないけど、あんまり飛行機はつかわない。車かバイク。バイク大好きだからさ。旅のおかげでいろんな人と会えたし、会える。

 

ー人と会う時とか、初めましての時に大事にしてることとかってありますか?

 

ある!オートバイで旅してる時に、いろんな国の人がいるわけ。で、キッカケはご飯。たまたま飯盒でご飯炊いてると向こうが不思議がってくるわけ、蒸らしたりするから。で、「なんでそんなことするんだ?」って不思議がってくる。そのときに、言葉が下手でもいいんだよ。とにかくコミュニケーションをとろうとすること。いやがらないこと。うまく喋ろうだなんて思わないこと。英語も下手だったし、ジェスチャーでも絵でもなんでもいいから。あと、外国人ってスキンシップじゃない?スキンシップして伝えようとすること。

 

 

 

 

その2に続きます!

「本と、旅と、人。」ー会社オーナーが教えてくれた、人生を楽しむ哲学その②ー

 

 

 

 

関連記事