toggle
2019-01-23

コーチングを始めたきっかけ

 

★初めましての方へ

 

 

インスタで

「コーチングを始めたきっかけは?」

と質問をいただきました。

 

ちょっと長くなるから

こちらに書いてみようと思います!

 

 

コーチングを始めたきっかけは

いくつかあります。

 

 

1つめは、中学の陸上部の先生の影響。

 

わたしは中学のとき

陸上部で長距離をやってたんだけど、

顧問の先生が

「メンタルがいかにパフォーマンスに影響するか」

みたいな話をしてくれる先生で。

 

メンタル面に興味を持ったきっかけでもあります。

 

パフォーマンスを上げるのは、

練習とか技術だけじゃなくて。

 

技術という目に見える部分が

「心」っていう目に見えない部分によって

左右されるっていうのがすごく面白かった。

 

そういう。。。

心を鍛えるっていう視点を

この時代に持てたのはすごく贅沢なことだし

あのとき学んだことはほんとう宝物です。

 

まぁ、いろんな意味で地獄だったから

思い出したくないけど!

 

 

2つめは

自分自身がうつになって引きこもりになったこと。

だから高校も高1の時にやめました。

 

自分が、すごく分離してたんだよなぁ。

 

自分の体なのに言うことをきかない。

自分の心なのに何を感じてるかわからない。

 

自分をコントロールできない、

自分なのに自分のものじゃない

っていう感覚がすごくこわかったです。

 

 

そんな経験もあって、3つめ、

自分の身でできる心に携わることがしたい

って漠然と思うようになりました。

 

そのときのわたしは

心に携わるってなると

カウンセリングしか知らなくて。

 

わたしにとっては、

カウンセリングじゃないんだよなぁ、

なんかもっと自分を根本的に

自分でどうにかできるもの…

コントロールできるものがいいんだよなぁ

と探した結果。

 

19歳の時にコーチングを知りました。

Facebookでコーチングやってる人の記事が流れてきて。

 

 

すぐコーチングを調べて、

これだーーー!ってなって。

 

トラストコーチングスクールで学びました。

 

「これは!わたしが同世代に広めなきゃ!」

って謎の使命感に駆られて笑

 

コーチとして起業しました。

 

 

はっきり言って、学んだあの瞬間に、

なんでそう思ったのかはわかりません。

 

だけど、なんか、すごい、

楽しかったんだよなぁ。

 

コーチングを学ぶっていうことは

コミュニケーションを学ぶ

ってことに言い換えられるわけだけど、

コーチングを身につけていくことで、

自分の言葉や心の状態が変わっていって

自分の世界をどうにでもつくっていけるような気がしました。

 

だから、

言葉をもち、

誰かとの関係性の中で生きてる

わたしたちには絶対に必要だ!

って思いました。

 

コーチングを学ぶことが常識になって、

自分自身との関わりが上手になれば、

使う言葉や周りとの接し方が変わるんじゃないか。って。

 

そしたら

いじめも自殺もなくなるんじゃないかなって。

 

 

 

そんなことがあって、

何かしらの生きづらさを感じる人を応援したいって思うし、

頑張りたいことがある人を応援したいって思うし、

コーチングを広めたい!って思うし。

 

あと、これはあんまり言っちゃいけないことだけど、

コーチングやってる人で、センスいいというか

かっこいい人全然いないんだもん。

(わたしが知ってるコーチ達は皆さんかっこいいけど!)

 

だから、わたしは、

かっこよくて

チャーミングなコーチでいたいな

と思っています。

 

 

 

って、なんの話してたんだっけ。。。笑

きっかけか、コーチング始めた。

 

そう、こんな感じです。笑

 

 

もしコーチングに興味があるっていうときは、

ぜひ体感、そして学んでみてください。

 

かっこよくてチャーミングなコーチが!(笑)

いつでもお待ちしています☆

 

2月、3月を受付中です

コーチング講座-TCS-

 

 

 

My works*ご提供中サービス

★コーチングを学びたい、知りたい方へ→コーチング講座-TCS

★コーチング×写真の撮影メニュー→チャーミングフォトセッション

★バスト大きめさんの方へ→FOR ”G”

★進路や将来に迷っている方へ→C_PHILOSOPHY

関連記事