toggle
2019-07-17

出張フォトセッション@関西-DAY2-

 

★お読みいただきありがとうございます

初めましての方はこちらからどうぞ ↓↓↓

 

出張フォトセッション@関西2日目は、京都宇治にあるデイサービス”おはな”と、午後にお一人撮影させていただきました^^

 

デイサービスでおじいちゃんおばあちゃん達を取るというのが初めての経験だったこと、そしておはなを運営する森田さんが最初に丁寧に色々説明してくださったことから、普段よりも距離感を意識して撮影しました。(そしたら森田さんもそれを感じてくださってたみたいで、嬉しいフィードバックをいただき…とっても嬉しかった!)

 

”おはな”には、森田さんの気遣い・優しさがつまっていて、きっとそこに共感するスタッフの皆さま、そしてその優しさを実感しているであろうおじいちゃん、おばあちゃん達。

ちょっと泣きそうになるくらい、あたたかい時間を過ごさせていただきました!

 

 

 

午後は2回目の撮影の方でした!


事前打ち合わせで出たテーマから、そのお方の崩したくないコンセプトと、だけど見え方を少し変えたいという気持ちと、両方を叶える写真はなにか?を考えながらの撮影でした。

 

「前回思ったけれど、のあちゃんは、顔の向きや手の動きとか指示してくれるのが嬉しい!」と打ち合わせ時に言ってくださり、この日もたくさん「帽子こうして!」やら「ゆっくり大股で、大げさに歩いてみてください!」やらたくさん指示させていただきました🙏🏼

ココが、他の写真を撮る方とはちがう、わたし自身も撮られる側もやっているゆえの強みだと思います。わかるもん、どう動いたらいいのかわからない気持ちが…笑

 

様々な雰囲気、空気をまとった写真が撮れたのではないかと♡

 


去年の今頃は、下関〜長崎のフォトセッションツアーをしていたみたいです(フェイスブックの思い出機能が教えてくれた)。

今年もこうして、日本をまわりながらコーチングと写真に携われていることがすごくありがたいです。嬉しいな。

 

1年ちょっとで200件以上撮影してきて、変わったところがたくさんあります。

たとえば、撮る枚数が減ったこと。それによって捨て写真がなくなったこと。撮っていて「あ、〜分くらい経ったかな」と時間を感じられるようになったこと。

 

フォトセッションを始めたばかりのときはとにかくシャッターを切って切って切りまくって、「その一瞬」を模索して撮っていました。

もちろんいまも、模索して撮ってることには変わりないのだけど、「あっ」と思う瞬間を待てるようになったというか、逃さなくなったというか、、、以前よりも、相手をみることに集中できるようになったなと自分で感じます。

それによって、「撮った写真、全部いいのでは!」って撮る枚数は少ないけれどその中身の質はあがったかなと。

 

まだまだ伸び代がたくさんありすぎるし、1年やってきたことで自分の向いてる撮影スタイルもだんだんわかってきて、これからがもっと楽しみです。

 

これからも、撮った写真を見てその人が笑顔になるような、自分にYESを出せるような。

背中を押す一枚が撮れるよう、がんばります!

 

★フォトセッションについて
http://n-charming.com/charmingphotosession/

PS.
そしてこの日わたしは、ずっとしたかったひとり焼肉デビューしました。

 

 

My works*ご提供中サービスはこちら

・コーチングを学びたい、知りたい方へ→コーチング講座-TCS

・コーチングを受けたい方はパーソナルコーチング

・コーチング×写真の撮影メニュー→チャーミングフォトセッション

・バスト大きめさんの方へ→FOR ”G”

・進路や将来に迷っている方へ→C_PHILOSOPHY

関連記事