toggle
2018-12-18

「自分が好き!」と、言ってはいけない?

 

★現在コーチング講座は12月分を受付中です

次回の開講日は12月26日(水)↓ ↓ ↓

 

 

プロフェショナルコーチトレーニング

(通称プロトレ)

に参加しはじめてから、

どんどん”身軽”になってる気がしています。

 

枷、重り、が外れていく感覚というのかな。

 

 

プロトレでは毎回、

深く深く自分と向き合う作業をするわけだけど、

わたしとしては向き合えば向き合うほど、

「自分でいていいんだ」って思える。

 

変わらなくていいってことに気づく。

(変わらない=成長しない でなはくて)

 

 

わたしね、

”その人がその人で生きること”

を何よりも願っています。

 

”その人がその人で生きること”

を願う気持ちが、

わたしを突き動かす信念だと、

わたしは自分で思っています。

 

逆に言えば、

”その人がその人でいられないこと”

に対してすごく怒りを感じます。

 

自分の思ってることを言っていじめられるとか、

身長が低いから高いからとか、

人種がどうだとか、

胸が大きいから小さいからどうとか、

学校をどこまで行ったからどうだとか、

LGBTの人が自分を隠さなきゃいけないだとか、

女だから男だからといってこうあるべきとか。

 

 

今思えば小さい頃から、

”その人単体”でみられないこの社会に、

すごくムカついていたし、

どうにかできないものか

って真剣に考えていました。

 

だからこそ、

「その人の能力を最大限に引き出す」ための学問、

コーチングに惹かれたんだと思います。

 

 

だから、

「私が〜だからダメなのかな」とか

「〜がしたいけど私は〜なので…」とか

「私って〜で…」とか。

 

自分という存在じゃなければ…

というような声をよく聞くのだけど。

 

そういう相談や声をきくと、

すごく悲しくなると同時に、

ちがうよ!あなたはあなたでいていいんだよ!

と大声で応援したくなります。(いや真面目に)

 

 

かの有名なコーチング本、

目標達成の神業で言えば、

「その人がその人で生きることを願うこと」

が、わたしのコア・ドライブにあたるんだと思います。

 

 

とか言いながら、

ずーっとずーーーっと、

のあ自身がのあでいること

を許していませんでした。(がーん)

 

深いところでは、

のあがのあを信じておらず

のあはのあでいようとせず。

 

 

だけど、ほんとうの部分では、

自分のこと好きだったし

のあは頑張り屋!って思ってたし

コンプレックスと思ってた部分はチャームポイントだって思ってたし

自分とかその環境を楽しみたいって思ってたし

のあは意外に愛されているって思ってたし

のあは夢を叶えられるやつだよって信じてるし。

 

だけど、”とある一言”がこわくて、

こういう↑風に、

思っちゃいけないし

出してはいけないって思っていました。

(その”とある一言”についてはまた後日)

 

のあはダメなんだ

のあは嫌われる人間だ

って思って生きてきたけど、

それは本音ではなくて

自分を認めてる部分を

カモフラージュするためだったのかも。

 

 

でも、自分と深く向き合うと、

そんなカモフラージュが

自分の首を絞めてることに気づいて。

 

 

「自分を好き」と思っていい、

「自分をそう思える自分」でいていい、

と気づいた瞬間。

 

なんて、気持ちが、軽いことか。

 

着る洋服も変わった。

人に承認を求めなくなった。

苦しくない。

何か言われても「へぇ」ってブレなくなった。

失恋もしたけど次の恋が楽しみ。

人からの愛に気づけるようになった。

独りじゃないって気付けた。

過去のトラウマも消化できた。

自信がある。

 

以前のわたしは強がりでできていたけど、

強がりじゃなくて、

本当に自然にそう思えるようになりました。

 

 

 

でね、わたしみたいな人、

意外に多い気がするのです。

 

自分のことが嫌いと思いながらも、

自分のことが好きな人。

 

ううん、そうじゃないかな。

 

自分のことを好きなんだけど

自分を好きと言ってはいけないと思ってる人。

 

 

 

でね、わたし、ここに気付いて

何が1番嬉しいかってね。

 

ほんとうに心の底から、

「あなたはあなたでいていいんだよ」

「あなただからこそ、どうする?」

ってあなたに言えることです。

 

ライフデザインコーチとして、

「あなただからできる生き方」

をサポートできることです。

 

 

もし、いま、あなたが、

「わたしはわたしでいていい」

と心から思えていなくても。

 

ちょっと思ってはいるんだけど、

心のどこかでは

「でもわたし〜だしな…」

とか思っていても。

 

 

あなたが「わたしでいていい」

と思えるときがくるって、

わたしは心の底から信じてるし

そのための応援ができること。

 

そうできる状態が今まで以上に整った

っていうのが、すごく嬉しいです。

 

 

中途半端な顔だな

 

 

「自分が自分でいていい」

と、心から思えると。

 

こんなに楽しくて

力がぬけて

余裕ができるんだなぁと驚き。

 

 

 

あなたはいま、

どれくらい、

「自分が自分でいていい」

と思えてますか?

 

あなたはいま、

「自分が好き!」

と、言えますか?

 

 

 

 

My works*ご提供中サービス

★コーチングを学びたい、知りたい方へ→コーチング講座-TCS

★コーチング×写真の撮影メニュー→チャーミングフォトセッション

★バスト大きめさんの方へ→FOR ”G”

★進路や将来に迷っている方へ→C_PHILOSOPHY

 

関連記事