toggle
2018-09-06

発信することは、こわくないのか?

 

★現在コーチング講座は9月.10月分を受付中です

次回の開講日は9月14日(金)↓ ↓ ↓

 

 

わーーーーー何日ぶりのブログ!

わたしはやっぱり文を書いてないとモヤモヤするなぁ。

 

ちょっと今日は、

最近というか前からよく聞かれることについて。

 

 

コーチング講座のときや、フォトセッションのときに、

まぁわたしは好きなことを書いてるし、

下着姿の写真とか載せてるからもあると思うんだけど。

 

「発信すること、こわくない?」

「ブロックみたいのなかった?」

と、聞かれることが多いです。

 

これに答えるとするならば、わたしは、

”発信”がこわいと思ったことはありません。

(まぁ影響力が全然ないからそう言えるところもあるかもだけど笑)。

 

逆にそういうことを聞かれるまで、

発信がこわいなんて発想も出ませんでした。

 

わたしは初っ端から、リアルな知り合いや

友達がいるアカウントで発信を始めました。

 

だから、実際に仲良い子に、

「ごめんブロックした」と言われたことや、

「いきなりどうしたの?笑」って言われたこともあります。

LINEグループつくられてバカにされてたこともあります。

 

たしかに起業したての発信は、今読み返すと、

「ウワァ、自信のなさが滲み出ておる…」

「ちっちぇプライドばりばり見えててダッサイなぁ」

って恥ずかしくなります。こりゃブロックするわ!みたいな笑

 

だけど、そのときから、わたしは、

「自分を好きでいること」「自分らしくあること」

「それを叶えてくれるのがコーチングだから、コーチングを同世代に広めたい」

っていうことを言いつづけてて。

 

誰にどうこう見られるよりも、言われるよりも、

その気持ちの方が強かったんだと思います。

 

こわくなかったというよりかは、

ただ、その気持ちが強かっただけなのかもしれない。

 

 

そして、どこまで伝わってるかわからないけれど、

わたしの中では、発信していることや

載せてる写真には全部意味があります。

 

誤解されるのは嫌だけど、

意味があり、気持ちがあり、発信しています。

 

そしたらだんだんと、ほんとうにだんだんだけど。

 

「勇気をもらいました」とか、

「共感しちゃった」とか、

「わたしも頑張る」とか、

嬉しい声をいただくことが増えました。

 

いち一般人のわたしがやってることに、

こうやって共感をしてくれたり、

誰かにとって何かのきっかけになったということが

すごく嬉しいし奇跡だとも思っています。

 

だけど、これは、

わたしが発信をしてきたからのことであり、

何もしていなかったら出会えなかった出来事。

 

 

自分の気持ちや考えを発信することは、

恥ずかしいかもしれないし

ときに伝わらないこともあります。

 

だけど、発信していなかったら、

出会えなかった人

出会えなかった他の人の気持ち

は、たーくさんあります。

 

発信したいと思ったということは、

伝えたい!って気持ちがいっぱいだったはず。

 

その気持ちに素直でいること、

そしてやってみることは、

結果がどうなろうとも

すごく有意義なことだと、わたしは思います。

 

 

 




 

My works*ご提供中サービス

★コーチングを学びたい、知りたい方へ→コーチング講座-TCS

★あなたも気づいていないあなたの魅力→チャーミングフォトセッション

★バスト大きめさんの方へ→FOR ”G”

★進路や将来に迷っている方へ→C_PHILOSOPHY

関連記事