toggle
2018-05-29

GreenRoom Festinal 2018!

 

 

★現在コーチング講座は6月分を受付中です

次回の開講日は6月9日(土)↓ ↓ ↓

 

大阪から終電で帰ってきた翌日は、

待ちに待ったGREEN ROOM FESTIVAL!

 

今年もオシャレ人間たちが多かったです

年々増えていってる気がします

(そしてチケ代も年々値上がりしてる気がする…笑)

 

 

 

 

この日の一発目はサンボマスター!

 

「俺たちのときはオシャレなんていらねぇんだよぉ!」

って山口さんのセリフが最高!!!

 

「ラブアンドピース!」とか

「優勝!」のコールは定番だけれど、

この地にばっちりな、

「NO オシャレ!」の

コールアンドレスポンスが生まれてましたw

 

サンボマスターは観るの3回目ぐらいで

あんまり詳しくないんだけど、

ほんとうに観てると元気でるなぁ。

 

この日も元気がほしいというか、

目覚まし的な存在として拝見。。。

 

 

そこから船まで時間があったので

近くのファミマに行って、

ファミチキとお菓子とお酒を調達して

遠目にGRAPEVINE。

 

GRAPEVINEあんな感じなんだ!って新発見。

めちゃかっこよかったな。

勝手にオシャレ系バンドだと思ってたごめんなさい

 

 

そして船に乗ってちょっくら休憩。(休憩早い)

年々観るライブが少なくなっていってます。

すぐ休憩したがる。

 

 

船から帰ってきたあとは、

遠目に水曜日のカンパネラを見ながら

日陰でボーとする時間。

 

いいよなぁ、あんなコムアイみたいに

自分の感じたまま動けたら、踊れたら。

(きっと彼女は彼女で計算などあるだろうけれど)

 

「あの人自由だよなぁ」と、

他人に感じさせられる人ってやっぱり魅力的だ。

次は何をやらかしてくれるんだろうかって、

目が離せなくなってしまう。

 

と、同時に、

自分は普段どれだけ縮こまってるんだろう

わたしもあんな風に動けたら

と、ふと嫉妬にも似たような、羨ましさとかが出ちゃう。

 

って一緒に行った友達に話したら、

「いや、あなたそれ以上自由になってどうすんの」

って笑われました。

 

 

(ファミチキ最強説)

 

 

その後も時間があるねぇってことで

近くのマリンアンドウォークへ。

 

ワイン飲みたくない?ってことで

なんかイタリアンのお店にて休憩。(休憩多すぎ)

 

 

グリーンルームの良さって、

ほんとうこの便利さにあると思う!

 

もちろんサーフカルチャーのこと、

アクセスの良さとか色々良さはあるけれど。

 

 

リストバンドあれば出入りが自由なこと。

(なんなら年々リストバンドいらない場外の

 発展がすごい気がする…もうチケットいらないんじゃレベル)

 

周りの建物の充実さ、

それに伴う環境の良さ。

 

 

ほんとフェスに行ってみたいけど…

って人にオススメです!

 

だって、準備するものいらないもん。笑

 

チケットと、財布、

しいていうなら日焼け止めがあれば十分!

 

服とかもでてる店で買えるし、

全部揃っちゃうもんなぁ。

 

 

まぁ「レジャージートやテント禁止」

って書かれてるのに、

ガンガン使う人ばかりで、

 

そういうのはどうなんだろうって思うけど。

マナーを守らないことが増えるから、

どんどん自由じゃなくなっちゃうのにね。

 

目先のことだけじゃなく、

自分の行動を選んでいきたいものです。

 

 

なんて真面目な話は置いといて、

ワイン飲んでたらアジカンのスタート時間過ぎてました。

 

わたしなんならアジカン観たくてこの日にしたのに。。。

 

急いでステージに戻ったら、

遠くから聴こえるソラニン。

 

いいね、横浜で聴くアジカン。

そいえば初めてアジカンを観たのも横浜だったな。

なんなら初めてのハイエイタスも!

 

気張らない4人の雰囲気がすごく素敵だった。

 

環境のせいもあるだろうけど、

去年末に観たCDJと全然ちがう柔らかさ。

 

ステージに合わせて、こう。。。

自分たちの雰囲気を柔軟に変えられるのは、

やっぱり確固たるものが彼らの中にあるからじゃないかな

って思うんです。

 

ソラニンから、踵で愛を打ち鳴らせ。

最後は海岸通り。

 

「あれがない これもない

 どんな希望も叶えたい欲張り

 そんな僕らの足りないものだけそっと包むように

 夕凪の最後には優しく揺らぐ風

 海岸通りに春が舞う」

 

 

そのあとはもう1つの目当てだったUA!

もうすごいわたし的にときめくセトリでした…

 

 

(空の色がきれいでおもわず撮ってしまったよ)

 

 

青空っていう曲が大好きなんだけど、

そのイントロが流れた時はもう感動しちゃって。

 

そのあとも「懐かしい曲やります」

って、まさかのリズム。

 

最後も大好きな、甘い運命!

 

こんなふうに、

キュートに、飾らずに、

歳をとっていきたい。

 

そして、大切な人たちに、

地球に、愛をもった人でいたいよ。

 

 

最後はお目当てだったSublime with Rome!!

 

 

(月とステージがすごく綺麗だった)

 

 

Wrong wayが流れたときの興奮度!

ビールが飛びかってたよ!

(ビールはやめろ。あとポカリ系も。

 かかってもベタベタならないやつにしてくれ)

 

Garden Grove

April 29 1992(Miami)もやってて。

 

合間に手島葵も見たすぎてそっちに抜けたとき、

遠くから What I Gotが聴こえてきて。。。

 

ここがフェスの辛いところ。。。

みたいアーティストがかぶるっていう。

 

そしてマジで後悔はただ1つ。

サンテリアを聞き逃したこと。。。

とおくから聞こえてたけどマジでこれだけ後悔。。。

 

サブライムウィズローム。

 

もうサブライムのオリジナルメンバーは1人しかいないけど、

もう死んじゃったノウェルの

「ただクールな音楽をつくりたいだけなんだ」

っていう気持ちがすごく感じたライブでした。

 

スカ、パンク、レゲエ…って色々な音楽が合わさってるバンドだけれど、

自分の”クール”に従っただけなんだよねきっと。ジャンルなんて関係なくて。

 

 

たくさん飲んで、たくさん笑って、

たくさ音楽と紫外線を感じた1日。

 

さいきんバタバタしてたからなぁ

こんな時間が足りてなかったよ。

 

 

さぁさぁ次のライブは、

1年のメインイベントフジロック!!!

 

 

 


My works*ご提供中サービス

★あなただからこその生き方をしよう

のあのコーチング講座-TCS

★サロン撮影やスタイリング撮影など

モデル依頼

★わたしが撮ります

撮影依頼

★生き方の選択肢を増やすヒント

チャーミングなもの紹介中

関連記事