toggle
2017-08-11

フジロックーーー!@7月30日

 

____________________

受付チュウ!会いに来てね

★8月・9月受付中

あたらしい生き方、あたらしい働き方

のあのライフコーチング

 

★サロン撮影やスタイリング撮影などなど

モデルもやったりしています

モデル

 

★チャーミングなもの紹介中

生き方の選択肢を増やすヒント♡

ショップ

____________________

 

 

フジロックレポート♡

DAY1はこちら→フジロックーーー!@7月28日

DAY2はこちら→フジロックーーー!@7月29日

 

 

 

★フジロック最終日-7月30日

 

3日目の朝は陽も出てて晴れかと思ったら

だんだん曇って結局あめーーー

 

1年も待ったのにもう終わり?

っていう絶望を抱えながら

会場に向かいました。。。

 

 

とりあえずホワイト行くかってなり

霧雨のなかおはようビール

 

むしむししたなかでの

雨でのビールは気持ちよかったなあ

 

 

 

でもひまだったのでw

(なんて贅沢なことでしょう)

 

ご飯エリアところ天国にある

らーめんえにしの

にぼしらーめんでこの日はスタート♡

 

 

 

ノリがいつもかわいい

そして飲み過ぎの体に染みます…

 

 

ホワイトステージの近くというか

ところ天国のまえは川!そして山!

 

つめたくて、すごく水もきれい

 

子供がたくさん遊んでいたり

のんびりしてる人がいたり

ここで過ごしてる時間が大好き

 

 

ブランド物を買ったり

いい車に乗ったり

いいものを食べたり

高いところに住んだり。。。

 

そういうものも贅沢だと思うし

それも1つの幸せとは思うのだけど

 

わたしは

こういう時間を送れることが

とても贅沢で幸せだなって感じるタイプです

 

「時間」っていうものが

なによりの贅沢モノだとおもう

 

 

だからそんなことを感じながら

食べるらーめんは最高においしかった!!

 

 

 

せっかくだから川に浸かりながら食べようぜ!

ってなった図

 

そしてやっぱり長靴が最強

 

 

 

川にはゴンちゃんっていうキャラも

たくさんいて、かわいい♡

 

 

 
・LUKAS GRAHAM

らーめん食べて暇だったから

グリーンに戻ってルーカスさん

 

ルーカスさん知らないまま観たんだけど

めちゃめちゃ良すぎて感動!

 

フェスってこういう発見の楽しさが

あるからたまらない!ワクワクが止まりません

 

 

のびのびとした声でグリーンにぴったり

絶対この人いい人だろっていう声だった

優しいんだけど声量のある声がなんだか泣きそうになる

 

途中でボーカルとベースが並んで歌ってて。

そんなバンドの

仲の良さがまたなんか心がぎゅっとなるの!

 

あぁ、こうやって歌をつくってきたんだろうなぁ

って勝手にしみじみしてました

 

 

知らなかったけど観れてよかったぁ

知れてよかったわすっごいいいじゃん!

とかのんきに思ってたら

「この曲知ってるわぁぁーー!!!」って

めちゃくちゃ流行った曲、7YEARSの人たちだった!

 

ごめんよルーカスさん!!

 

 

観れてほんとうによかったです

 

 

 

 

かわいいチャーミングな仕掛けが

たくさんのフジロック会場!

 

亡くなったモーターヘッドのレミーが

いるところがなんとも粋です

 

 

 

・LOVE PSYCHEDELICO

フィールドオブヘブンにて

ラブサイケデリコ♡

 

デリコさんーー!終始オシャレ!!

そしてヘブンがめちゃくちゃ似合う!!

 

歌ってるときのクールさと

MCのときの可愛さのギャップが

とてもチャーミングなKUMIさん

 

 

「oh sing it to me」oh sing it to me

のコールアンドレスポンスからの

「Your song~~~♡」のクミさんの声は

マジで射抜かれたシャレすぎ!

 

アコースティックで歌い上げてくれたYour song

会場中笑顔だったのは間違いなし

 

 

Last Smileもやってくれて大満足

もっと観たい気持ちをおさえて

このタイミングで次のレキシへ

 

生デリコサウンド、、、痺れました♡

 

 

 

 

・レキシ

ずっとずっと観たかったレキシ!

とにかくライブが観たかったのーーー

 

なぜならとにかく笑えるから!

ライブ映像をみて好きになったから!

 

しょっぱなからイルカの浮き輪みたいなの持ってきて

「山へ返してあげて〜!」とか言って

ふざけっぱなしだった最高(もちろんいい意味で真剣に)

 

 

レキシ、1回フジロック出演を

「コミカルすぎる」って理由で断られたらしくてw

 

レキシグッズの稲穂を持ってる人に対して

「なんで持ってんの!言われちゃうやろ!

 コミカルすぎるって言われちゃうやろ!」

って口の悪いMC もマジで笑った

 

まだ結構残り時間がある段階で

「あと2曲です!ちがうんだ、次の曲、めっちゃ長いんだ」

ってのがすごく私的にはツボだった

 

 

そうなのです、レキシのライブ定番曲

”狩りから稲作へ”、めっちゃ長いの

いろいろ寄り道しちゃうからwww

(詳しくはYoutubeで調べてみてね)

 

この日の狩りから稲作へも

20分ぐらいやってたんじゃないかレベルで長かった

 

定番コールアンドレスポンスの

「くら〜し安心ク!ラ!シ!ア〜ン!」

「稲ho〜o!」

「高床式!鼠返し!高岡早紀〜!」

もできてもう大満足

(詳しくはYoutubeで調べてみてね)

 

 

レキシこと池ちゃん、

途中でたくさん寄り道しちゃうんですよ

 

この日も

途中でジュディマリ歌ったり(YUKIがでてたから)

稲穂ラ〜ブリ〜ってスティービーワンダー歌ったり

してたの(だから長くなる)

 

こんときのバックバンドの適応力がハンパない

すぐその曲の演奏始めちゃってノッテくる!

どれくらいリハーサルで決めてるのかわからないけどね

 

そこにすごく感動してたわたし

 

 

レキシの瞬間の発想力がほんとすごかった

会場とかオーディエンスに合わせて

コロコロとネタを変えてく思いつきっていうのかな

 

きっと彼の中にはたくさんの

”おもしろいこと”がインプットされてて

その引き出しを出すのがほんっとうに上手で。

 

こんなユーモアに溢れた人になりたいな

って心底思ったのでした。。。

 

 

最っ高にたのしかったです!!!

たくさん笑わせてくれてありがとう!!!

 

 

 

 

・YUKI

レキシを泣く泣く途中で抜けて

お待ちかねのYUKI!!!!!

 

ジュディマリを聴いて育ち

そしてYUKIにたくさん救われたわたし

 

豪華なバックバンドがいるなか

最高にキュートな笑顔で恋愛模様を歌いながら

でてきたYUKI

 

もう出てきた瞬間ごちそうさまですってなった可愛すぎて

 

 

声がグリーンにのびるのびる!

すごく伸びやかな声でうたうHello!

どんどんハッピーな魔法がかけられてく感覚

 

自由に踊りながら歌い出したメランコリニスタ

ランデヴー、ワンダーラインってアガるセットリスト!

 

 

からの、だいすきでだいすきな曲プリズム

イントロがなった瞬間もう号泣です

辛かった小学生の頃ずっとこれ聴いてた

 

 

YUKIってもう可愛すぎて

妖精にしか見えないんだけど

「あぁ、この人ってすごく人間らしいんだよな」

って、歌を聴いてると、おもう

 

たくさん悲しいことも辛いこともあって

不安になりながらも

その不安に負けないくらいよろこびを祈って、歌って。

 

すごくすごく強い女性なんだよなぁって。

なんてチャーミングなの

 

じゃないと

「花咲く丘まで 口笛吹いてこう

 いじわるな人が とやかく言うけれど

 私は、どこかで まちがえたかしら?

 今はわからない答えは 空の上」

なんて、歌えないよ

 

 

そしてハミングバード、聞き間違い、

ダンス交えたJOY鳴いてる怪獣

 

 

最後は「YUKIのワゴンに乗ってくー?♡」

って掛け声から始まっただいすきなWAGON!!!

 

ちょうど雨がすこし降ってて

「恵みの雨に打たれよう それもいいな」

の歌詞がすごくピッタリだった

 

 

何回も投げキッスしながら立ち去ってくYUKI

ほんとごちそうさまです可愛すぎて(2回目)

 

JOYの歌詞どーり、

ドキドキワクワクさせられっぱなしのステージでした!!

 

(YUKIファンのママに、

 めちゃくちゃ自慢したのは言うまでもない)

 

 

 

結構ここで燃え尽き症候群になったわたし

何したっけこのあと、、、

 

スモークチキン食べたかったけど

売り切れてて悲しんだのは覚えてる

 

ホワイト近くの川でひとやすみして

ビョーク待機ついでにLORDEをみに

グリーンヘもどる

 

 

 

・LORDE

ワイン飲みながら観るロード、最高

てかあれで20歳!?貫禄というか大物感

 

ダンスもキレッキレで

歌もほんっとうまくて

なにも気にせずとことん爆発させてる感じが

たまらなくカッコよかったすごい力強さ

 

しかも美人。。。

 

なんであんなに堂々といられるんだろう

なんであんなに振り切れられるんだろう

って若干の嫉妬すら感じる

 

 

2014年のフジではレッドマーキーで、

今回はグリーンっていうのも

彼女の魅力を表してるのかなっておもったよ

 

最初からみればよかったってちょっと後悔

でも観れてよかったっていう嬉しさ

 

 

 

ロードが終わってオアシスに行き

またもやもち豚買う

 

この日はペットボトルにワイン入れて

持って行ってて、友だちと

「つぎ合流するときまでにペットボトル空な」

とかいう意味わからん約束してたので

ゆっくりビョークみながらのもーなんて思ってたら

 

ビョークまで暇っていうのと(暇だと飲んじゃうよね)、

いきなり前にのあのきて椅子広げたかと思ったら

私の足を思いっきり踏んだくせにスルーだった

変な男の人にムカついてビョーク前に飲み干しちゃった

 

 

 

・Bjork

1番の目当て、ビョーク!!!

ビョークにしてはすごくシンプルな

オーケストラとDJとしてアルカを従えたステージ

 

相変わらず

変な仮面はつけてたけど。。。(変ていうな)

 

 

変わらない

ビョークはビョークだった

 

演奏やスタイルは変わっていても

根本の”ビョーク”っていうのは変わらない

 

自分の感覚をとことん信じて

叶えて、魅せて。

 

 

こうやって、変わらない強さがほしい

とことん自分の感覚を信じ抜く強さ

 

 

そんなチャーミングな彼女に

ピンクの衣装はとても合っててかわいかったな

(もう50歳過ぎなのに)

 

自由に袖まで歩いたり、踊ったり、

裾に靴がひっかかっちゃったり、

純粋な女の子だって感じたな

 

YUKIと一緒で世界観がすごすぎて

人間じゃない…って思ったりしちゃうんだけど

やっぱりすごく人間らしい人間で。

 

自分の存在を突き詰める姿勢は

自然と涙が出ちゃう

 

 

湯沢で遭遇したとき、

ほんと話しかければよかった。。。!!後悔!

 

 

 

フィナーレは待ち望んだHyperballad

映像とステージの炎、

からの花火が打ち上がるラストは

本当に忘れられない!!!

 

ビョークも見たいし、ステージも見たい

花火も見たいしスクリーンもみたいで

目が4つあったらいいのにってすごく思ってた

 

 

ありがとうビョーク、だいすき

 

 

 

放心状態でビョークが終了して

とりあえず友だちと合流するために

ホワイトのメジャーレイザーへ

 

ガンガンなEDMで、

ビョークに浸ってる私には不適切…

と判断したため川沿いで寝ながら友だちを待つ

 

 

そのあとはひたすらパレスで飲み、

飲んで、飲んで、飲んで、

気がついたら朝になってました

 

 

 

そんな感じで今年のフジロックは終了!

 

なんの思い残しもないフジロック

ただ、学んだことはたくさんある!

 

椅子を守るようの袋が必要なこと

ホワイトはあの場所から見るのがベストなこと

あと、、、なんだっけ

 

 

年々どんどん快適に過ごしてってます

 

 

今回のフジロックはバンドよりも

歌姫勢が、もう、たまらなくよかった!!

 

Cocco、YUKI、LORDE、Bjork 、、、

 

みんなそれぞれの力強さがあって

かわいさがあって、チャーミングなひとばかり

 

 

チャーミングコレクターのわたしにとっては

(そうだったの?)

ほんとうにチャーミングだらけな3日間

 

 

わたしは行きたいところには行きたいし

やりたいことはやりたい

 

ここに行きたいからこうしよう

って自分ありきっていうのかな

 

自分に主導権がある、

チャーミングな生き方がしたい

 

 

だから来年も前夜祭から最終日の次の日まで

お休みとって全力で遊ぶ!!!

 

 

また来年までとりあえず生きます!

 

 

 

 

やっと書けた〜〜〜

感じることが多すぎて全然整理できなくて

 

でも書き終えられてよかった

 

いい感じに先に進めそう!

 

 

 

____________________

このサイトが、

生き方の選択肢が広がるキッカケになりますように。

→ABOUT

____________________

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です