toggle
2019-09-03

人の挑戦をサポートするなら自分も挑戦!ってことで。

 

★お読みいただきありがとうございます

初めましての方はこちらからどうぞ ↓↓↓

 

昨日は合格率3%のプロコーチ試験を受けに行ってきました!

待って、、、合格率3%て、、、!合格率3%て!!!!!恐怖。めちゃめちゃめちゃ恐怖です。

正直、試験受けなければ、自分のいまのポンコツさを見なくていいわけです。だけど、コーチングという人の挑戦をサポートする仕事をしている身のわたし。自分自身も常に挑戦を楽しむようにしています。

 

 

わたしが所属するトラストコーチングスクールの代表が、以前、こんなことを言っていました。

「自分と向き合うという作業は、とてつもなく面倒くさいこと。だけどコーチはそこから逃げず、常に向き合っているからこそ、高い料金をいただけています。」みたいな…(うろ覚えですみません)

スポーツ選手がチームの勝ちに貢献するために食事からフォームから意識して取り組むように。美容師さんがお客様が美しくなるためにカットやカラーを練習し続けるように。コーチはお客様が目標達成のため様々なことと向き合うことを応援するために、何より自分を応援しながら自分の目指すところへ進んでいく努力が必要なのだと思います。そのために、ときには辛辣なフィードバックをもらったり、自分のダメなところから逃げなかったり…面倒くさくて、本当にタメになってるのかわからない(すぐには目で見えないことだから)ことを繰り返していく必要があるのだと思います。

 

今回2回目の試験だったのだけど…あらためて、コーチングって楽しいな!!!なんでもっと流行らんの!?(あ、流行らすのはわたしの仕事か)

前回の試験が2月の初め。それからちょっと色々あり、コーチングも嫌になってやめたくなってたときもありました。

だけど、今日の試験、もちろん反省点改善点めちゃめちゃありまくりなんだけど、「コーチング好き!楽しい!」っていう自分に出会えたことが、すごく嬉しかったなぁ。19歳でコーチングに出会ったときの自分が取り戻されたような感覚でした。ここ数ヶ月、コーチングと倦怠期だったのかな…笑

そして自分のなかで大きく成長を感じたポイントは、「誰かのためにコーチングをやっている」という感覚で試験に回答していたこと。今までは、プロフェッショナルコーチトレーニングに参加する前までは、自分のためにコーチングをやっていたところがきっとあったんですよね。

だけどいまは、10代にコーチングを届けたい、いじめも若年層の自殺をなくしたい、独りぼっちの人を減らしたいの気持ちが強くて、そのためにのあ頑張るから!っていう気持ちでこの試験に臨んでいる自分がいました。それが、どう試験の結果に関わるかはわからないけれど、自分にとってはすごく大きな成長です。自分自身がこの成長に気づけたことで、わたしはもっと頑張れる(早速学校へアポをとったよ!)!

 

ってことで(どんなことで)、これからは、久しぶりにパーソナルコーチングセッションを募集します!

体験セッション募集です。こちらから→パーソナルコーチング

もちろん、コーチング講座も随時募集しています。→9月の日程はこちらから

 

コーチングという、大切な人に手を差し伸べる学問を、あなたと一緒に考えていきたいです。

 

お申し込みお待ちしています!

 

よーーーし!わたしは今年中に、学校へコーチングを届けられるように頑張るぞ!

 

 

 

My works*ご提供中サービスはこちら

・コーチングを学びたい、知りたい方へ→コーチング講座-TCS

・コーチングを受けたい方はパーソナルコーチング

・コーチング×写真の撮影メニュー→フォトセッション

・バスト大きめさんの方へ→FOR ”G”

・進路や将来に迷っている方へ→C_PHILOSOPHY

関連記事