toggle
2018-07-26

「甘ちゃん」と言われてムカついたので。

 

★現在コーチング講座は8月分を受付中です

次回の開講日は8月1日(水)↓ ↓ ↓

 

 

パパに「甘ちゃんだ」と言われました。

 

なんかすごい悔しかったので、

 

のあ:「それは人生において甘ちゃんってこと?」

パパ:「おう。」

のあ:「え、のあは甘えてる?じゃあどうしたら認めてくれるわけ?」

パパ:「認めてないとかじゃないよ!

    ママとも話すけど、俺はのあみたいにできないし、

    ほんとすげぇと思ってる。めちゃめちゃ認めてる。

    甘ちゃんって、認めてないとか甘えてるってことじゃなくて、

    俺にとってはいつまでも子供ってこと。」

のあ:「あぁ、そゆこと。」

 

 

わたしは甘ちゃんという言葉を、

甘ったれ、認めてないってことだと思ってて。

 

だけどパパは、俺らにとっていつまでも子供

って意味で使ってて(それもそれでそう言ってくれよと思うけど)。

 

あぁ、コミュニケーションミスって、

こういうところで起こるよなぁと思ったの。

 

 

 

 

1つの言葉を、相手が、

自分と同じ意味で使ってるとはかぎらない。

 

今までのわたしだったらここで、

「その言葉はどういうことなの?」と聞けずに、

のあは認められてないのね、これ以上どうすりゃいいの?

そんなにのあはダメか?って、

自分のなかだけで完結させて、

すごくすごく落ち込んでいたと思う。

 

パパが「のあってすごいね」と思ってくれていたことに、

気づけていなかったと思う。

 

 

だけどコーチング(=コミュニケーション)を学んで、

「その言葉ってどういうこと?」と聞けるようになった。

 

相手がどう思ってるのかを誤解しないから、

自分を傷つけるようなことをしなくなった。

(まぁ、まだまだすることもあるけれど。とくに恋愛…)

 

 

だから、どんどん楽になっているところがあるなぁ。

 

コーチングを学ぶことは自分が楽になること

でもあると、わたしは思っています。

 

 

だからわたしは、

全部の人にコーチングは必要だと思っているし、

なるべく早い段階で、

コーチングがその人の武器のような、

お守りのようなものになるようにと、

コーチングを広めたくて活動しています。

 

 

PS.

今日から1年の中での1番の楽しみ!

フジロックに来ております〜〜〜!

踊るぞ!飲むぞ!食べるぞ!

 

 

 




 

My works*ご提供中サービス

★コーチングを学びたい、知りたい方へ→コーチング講座-TCS

★あなたも気づいていないあなたの魅力→チャーミングフォトセッション

★バスト大きめさんの方へ→FOR ”G”

★進路や将来に迷っている方へ→C_PHILOSOPHY

関連記事