toggle
2019-08-13

10代にコーチングを届けるために

 

★お読みいただきありがとうございます

初めましての方はこちらからどうぞ ↓↓↓

 

こんなにSNSを更新していないのは本当起業してから初めてなんじゃなかろうか。。。というくらい、ブログもインスタも更新していない最近です(まえはほぼ毎日更新していたからなぁ)。

最近は、フォトセッションなど自分のコーチングの仕事をしながら、学校の先生とお話するために動きまわっています。というのも、わたしが所属するコーチングスクール、トラストコーチングにて、中高生向けキャリアコーチングもプロジェクトが動いているから。今はコンテンツを練っているところです。それに加え、10代にコーチングを届けるために、直近3ヶ月の目標ができました。そのために、先生方が生徒たちと関わる中で感じていること・教育現場で働くことなどのお話を伺うために、アポをとっては足を運び…の日々を送っています。

「10代にコーチングを届けること」は、19歳でコーチを始めてからずぅーっとやりたかったこと!だから今すごく楽しくて、ワクワクが止まりません。去年は好きだった写真を仕事にでき、写真展までやらせていただいて。今年もこうして、また1つの夢が叶おうとしています。

あのときに戻りたい…なんて一度も思ったことがなくて(あ、フジロックにはいつでも戻りたい)、今が一番楽しい!を年々更新できていることが、すごくありがたい。そしてそれにつられてか、この気持ちがあるからか、自分のことも年々愛せている気がします。そしてこの気持ちは、今年、周りの人にたくさん助けられていることを実感してから、より強く感じるようになりました。トラストコーチングの代表も、「人生の質は人間関係で決まる」と言っていたけれど、その意味が、少しずつわかってきたような気がします。

 

 

先ほど、学校の先生にアポをとってはお話を伺いに足を運んでいると書いたけれど、どの先生も、生徒さんに対して、
・コミュニケーション能力

・応用力、自分で考える力

の向上をのぞんでいるんだなぁと実感。

 

大げさに言ってしまうと、クラスや部活という小さな空間が全てになりがちな学校。その空間において、”人間関係”をうまく築いていく力は必要不可欠。。。なんなら学校での生死を分けるんじゃないかレベルで重要。。。(うまく の定義は人それぞれだけれど)のはずなのに、そこを学ぶという概念が無いということは冷静に考えてみるとほんと不思議だ。。。と、先生と話せば話すほど感じます。

そして話せば話すほど、コーチングに興味を持ってくださっていて、10代にコーチングを届けることは必須だなと勇気が湧いているところです。

先日もコーチとしてわたしがやっていること、これからやりたいと思っていることを話したら、「今は授業がカツカツで入れれないんだけど、それ、ぜひうちでやってよ!めちゃめちゃ重要!」「同じ同期の先生も、話せる先生も沢山いるから、ぜひ窓口としてつかってね!」と興味をもっていただき、心強く嬉しい声をいただきました。

ほんと、感謝感激。。。

 

そんな応援にも応えられるよう、そして10代へコーチングを届けられるよう。

10代にコーチングを届けるのはのあだ!っていう勝手な使命感があるので、引き続きできることを丁寧に1つ1つやっていきます。

 

 

My works*ご提供中サービスはこちら

・コーチングを学びたい、知りたい方へ→コーチング講座-TCS

・コーチングを受けたい方はパーソナルコーチング

・コーチング×写真の撮影メニュー→チャーミングフォトセッション

・バスト大きめさんの方へ→FOR ”G”

・進路や将来に迷っている方へ→C_PHILOSOPHY

 

関連記事